((腕)時計)ゆるゆるつれづれ記

腕時計やカフェイン飲料などの、こころ安らぐ話題を、、、

桜2018 〜散る桜 残る桜も 散る桜〜


遅ればせながら、、、

今年も美しく咲きました。




桜



当たり前のように見えますけど、
宇宙中を探しても今のところ、
私たちもこの花も、
この地球にしか見つけらないものなのです。

この日々も
当たり前のように思えますけど、
実はとんでもなく得難いものなのではないかと。

大切にしていかなくちゃですね。







スポンサーサイト
  1. 2018/04/28(土) 01:15:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鉄道博物館 〜レトロ車両〜


埼玉県大宮市にある鉄道博物館に行ってきました。
レトロな車両がたくさんあり、なんともノスタルジックな気持ちになります。



DSC_6008.jpg




DSC_6190.jpg




DSC_5933.jpg




DSC_6062.jpg



DSC_5906.jpg
子供達は大興奮でした。




電車にはさほど興味がなかったのですが、
ここに訪れて、にわか鉄道ファンになりそうです。







  1. 2018/03/29(木) 17:13:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月蝕 〜赤銅の月〜

今夜は皆既月蝕です。



赤銅月蝕
いつもに比べてうんと暗いから、いつもは写らない周りの星も写る。




空中に浮かぶ赤銅色の満月です。







  1. 2018/02/01(木) 00:35:11|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東大寺 〜私的世界のまん中〜

先日東大寺にお参りに行ってきた。

東大寺というのは私にとっては世界の中心みたいなもので、
特別な場所だと思っている。

奈良時代から平安初期が一番すきな時代なのだけど、そこにダイレクトに接続できるヘソみたいな場所。
ここへ行って初心に帰る。

心の沐浴。

スッキリした。



大仏殿
何万年でも繁栄を続けて欲しいと思う。




二月堂夕焼け
二月堂からの夕焼け。天平の古人たちはこの夕焼けをどんな気持ちで見ていただろうか。



ひとそれぞれにヘソみたいな場所があると思う。
私の場合は東大寺。
ときどき参って心を洗う場所。
こんな素晴らしい場所が保たれていることが嬉しい。
感謝。







  1. 2018/01/31(水) 01:14:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ正月 〜ねこの年の瀬〜

もうすぐお正月ですね〜



昼寝ねこ
ネコは師走の忙しさでも自分のペースは曲げません。ブレません。



実家の母のおせちが楽しみです。
好きなのは根菜の煮物全般。
出汁の効いた薄味が最高です。
クワイも好きです。







  1. 2017/12/28(木) 00:35:21|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誕生日 〜ジャッジくんケーキ〜

息子の4歳の誕生日に「ジャッジくん」のケーキを作ってもらいました。
ジャッジくんは任天堂のスプラトゥーンというゲームのキャラクターで、ゲームの勝敗をジャッジする猫です。
だから手には旗を持っています。

昨年と一昨年は新幹線のケーキでしたが、今年は新幹線熱も冷めて、ゲームキャラクターとなりました。
息子は祝ってもらったのが嬉しかったようで、お姉ちゃんと一緒にケーキを口いっぱい頬張っていました。



ジャッジくんケーキ
よく見たら「こまち」のロウソクがのっていますね。




健康で、良い心を持って育ってくれればそれが一番です。










  1. 2017/11/29(水) 00:01:14|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガンジスの彼岸 〜バラナシ東岸〜

ガンガーの彼岸
インドバラナシ、ガンジスの東岸(2008年10月撮影)




インドの聖地バラナシ(ベナレス)はガンジス川の岸辺の街だが、
街があるのは川の西側だけで、向こう岸(東側)には特に何もない。

日の出前、その東岸を歩く男が一人。

そちらに何があるのか。


あてどない旅、そんなことを想像して、なんとなく気持ちの良い光景だった。







  1. 2017/10/31(火) 23:23:52|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

興福寺北円堂 〜兜率天からの血脈〜

奈良興福寺の境内に北円堂という建物があります。
普段は内部非公開ですが、おおよそ年に二度、数週間だけ公開されます。

このお堂は弥勒如来を本尊として、無着菩薩と世親菩薩も安置しています。
この無着、世親像は仏師運慶一派が彫刻したもので、日本の肖像彫刻の最高傑作と言われています。
この無着、世親像が9月26日から東京国立博物館にて出張公開されています。(〜2017年11月26迄)




北円堂
興福寺北円堂。はじめ養老5年(721)建立、承元4年(1210)頃再建




この無着と世親という方は昔インドにいらした実の兄弟で、唯識教学を大成した大学僧であります。
兄の無着が著した教えは無着が兜率天の弥勒菩薩から受けたものだそうです。
それゆえ法相宗である興福寺の北円堂には教えの流れにしたがい、弥勒如来、無着、世親が祀られているということなのでしょう。
弟の世親が著した阿毘達磨倶舎論はいわば仏教の百科事典のようなもので、あらゆる存在を解き明かす重要な論書です。
法相の論書や教学は一般的には身近なものではないかもしれませんが、博物館で無着・世親像を目にする人にとって何かのきっかけになれば面白いと思います。






  1. 2017/09/30(土) 21:03:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東大寺参拝 〜昔に想いを馳せる〜

お盆に東大寺に参拝してきました。

毎年大体お盆あたりに奈良に行きますが、
中でも東大寺参拝は特別な感があります。

東大寺は西暦743年に聖武天皇が建立したお寺。
八宗兼学の道場であり、いわば仏教の総合研究所であります。

大仏さまの前に立つと、
聖武天皇の大仏建立の発意や、その生涯を学問研究に捧げた僧方、四年間東大寺別当を務められた弘法大師空海の活躍、お寺を守ってきた人たちの活動にもリアルに想いを馳せることができます。
東大寺に関わった過去の人たちが命懸けでやろうとしたことは何だったのか、またそのモチベーションは何だったのかを考えます。
そして千年先の人たちの為に役立つようなことが出来るのか、今の自分を反省し、決意を新たにします。




大仏さま





お盆供養





奈良の鹿





どうかこのような貴重な場所が末長くあって、未来に生きる人たちにとっても有益な場所であってほしいと思います。









  1. 2017/08/31(木) 23:54:22|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何を乗せて走るのか 〜上野公園の蒸気機関車〜


家族で東京の上野公園に行ってきました。

博物館の片隅に蒸気機関車が展示されています。
機能美でしょうか。
黒いボディに配管むき出しの様相が、今の電車にはない重厚感をかもしています。



DSC_1474.jpg
ひっそりと、D51です。




いろんな人の記憶や思いを乗せて、
今もずっと走り続けているのかもと、想像してみます。







  1. 2017/07/31(月) 23:59:04|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ