((腕)時計)ゆるゆるつれづれ記

腕時計やカフェイン飲料などの、こころ安らぐ話題を、、、

石垣とライトとアンコール遺跡 〜Ishigaki & Bayon〜

今日も銅の懐中電灯と石垣です。

この石垣、アンコールワットの遺跡にも似た、味のある石垣です。
人造物が時間の経過で自然と調和した姿がグッときます。
森のなかの古刹の苔むした石の階段とかも、グッときます。
時のなせる技、時の奏でるハーモニー、でしょうか。




peak eiger copper壁2
peak eiger copper





バイヨン寺院
こちらはカンボジアのアンコール遺跡。バイヨン寺院?だったかな。(2007年8月撮影)






スポンサーサイト
  1. 2015/10/01(木) 00:30:13|
  2. モノ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<誕生日 〜新幹線ケーキ〜 | ホーム | 石垣の上の銅のライト 〜PEAK Copper Eiger on ishigaki〜>>

コメント

同化せず。でも浮いていない

昨日コメント付けようと思ったのですが、今日の写真をみて「緑青」にしてみたいのかが少しわかったような気がしました。

近所のお地蔵さんを納めている祠も緑青がビシーッとしているので雨ざらしが一番かと思うのですが、それでは連れ出せないので(笑)銅に緑青を発生させる薬剤が売られているので、それらを利用するのが早いかと思います。

緑青自体は毒性はないと最近の定説ですが薬品自体は物によって有害だったりするので、処理方法も含めて検討してみて頂ければと思います。
液体につけ込んで処理するようなものですとOリングがやられたり、コリメータ(レンズ)の隙間から浸水するとアイガーがヤラれてしまうのボロ布で湿布するなどをすればよろしいかと思います(ムラになるかもしれませんが)。反応が早いものは塗って落ち着いた頃にワイヤーブラシでゴシゴシすれば余計に反応した箇所が落とせるかと思います。

実は私もライター程度であぶったり等はしました。でも。。その程度だとすぐに元に戻ってしまいます。壊すくらいでないといいかんじにはならないので「うーむ」と止めてしまいました。ちなみに中に入っているQTCを押さえているパーツはナイロンみたいなもので熱で溶けます。

ちょっと無粋なコメントになってしまい申し訳ありません。でも、調べていたら緑青アイガーも悪くないなぁと思ってきてしまいました。

緑青アイガー。この石垣に溶け込みそうな気がします。
  1. 2015/10/01(木) 20:30:50 |
  2. URL |
  3. 森のなかま #-
  4. [ 編集 ]

ワクワク

森のなかまさんこんばんは!
詳しい情報を丁寧にありがとうございます。

手持ちの道具が緑青にまとわれていたら、、、相当カッコイイと思います。
はやる気持ちもありますが、とりあえずしばらくは自然の変化を楽しもうかと思います。

最終的に奈良の薬師寺の仏さまみたいな黒々とした感じになったら嬉しいのですが、
自然に放置していても百年単位でないと黒くはならないのではないかという気がします。
60年くらい経ったギザ十でも黒くはないですもんね。
それか、薬師寺の仏さまや奈良の大仏さまはアイガーや十円玉の銅とは配合成分が違うのかもしれません。
銅以外の金属が黒くなっているのではないかと推測します。

手っ取り早いのはイブシ液でしょうか。。。とりあえず森のなかまさんの記事を見ながら、たっぷり妄想させていただきます♪
  1. 2015/10/02(金) 01:06:38 |
  2. URL |
  3. ゆる太郎 #-
  4. [ 編集 ]

文脈

仏さまが造られた時はピカピカのアイガーみたいのではなかったんでしょうね。職人それぞれのやりかたで仕上げられていたんだと思います。表面の粗さとか。。ブロンズ像とかも殆どが独特の表面処理(燻し)がなされていると思います。装飾品ではそういった加工をした後にクリアラッカーを吹いたりするそうです。

ただ、本堂のなかでススや埃やらを落としては積もりといった時間と人間たちのやりとりが作り出すものはあると思います。燻しても手で触っていれば落ちてきますし、それもまた面白いものです。

よくコメントしてくれるヒゲちゃんさんの所にはもっと定着のよいガングルーを使った燻し方が紹介されています。色々調べて妄想してみるのも楽しいものです♪
  1. 2015/10/02(金) 22:04:20 |
  2. URL |
  3. 森のなかま #-
  4. [ 編集 ]

森のなかまさん

アイガーはお天気みたいに毎日違う表情を見せてくれますよね。
ヒゲちゃんさんのブログも参考にさせていただきます!
ありがとうございます!!
  1. 2015/10/03(土) 22:14:55 |
  2. URL |
  3. ゆる太郎 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokeituredure.blog.fc2.com/tb.php/41-2f146537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)