FC2ブログ

((腕)時計)ゆるゆるつれづれ記

腕時計やカフェイン飲料などの、こころ安らぐ話題を、、、

高野山奥之院  

先日和歌山の高野山に行ってきました。

高野山は816年に弘法大師空海が嵯峨天皇より賜った地で、坐禅の道場とされている。
密教を学ぶため唐に留学していた空海が帰朝の際、唐の浜より三鈷杵という法具を日本に向けて投げたところ、
その三鈷杵の飛んで行った先が高野山だったという。

山内に見所は多くあるが特に、弘法大師が今もそこで禅定に入っていると信仰される奥之院は、聖域と呼ぶに相応しい雰囲気を持っている。
樹齢数百年にもなる杉木立に挟まれた2kmほどの参道は苔むした墓石で満ちている。
有名な武将の墓が多くあるが、またそれ以上に多く、誰のものとも判らぬ供養塔が無数に奉納されている。





DSC_7680.jpg
この様な参道がおよそ2km続く。




DSC_7696.jpg
全てが苔むしている。




DSC_7705.jpg
自然と一体化になっている。




DSC_7754.jpg
静かな参道。




DSC_7757.jpg
樹齢数百年と言われる杉。




DSC_7771.jpg
無数の供養塔が奉納されている。




DSC_7761.jpg
奥の建物のさらに奥に御廟があり、その地下で弘法大師は今も禅定に入っているとされている。




参道の最奥に建つのが弘法大師の御廟で、ある意味、東漸して行った仏教の終着地のような場所だと思う。
世界遺産に登録されてから観光地として注目されている高野山だけど、大事なのは弘法大師が伝えた教えが何なのかを知ることだと思う。御廟に参ってそのように感じた。











スポンサーサイト
  1. 2018/09/30(日) 01:18:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紅葉 〜公園散歩〜 | ホーム | 京都鉄道博物館訪問 〜旧梅小路蒸気機関車館〜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokeituredure.blog.fc2.com/tb.php/80-6bd8d54e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)